トラッキングコード?トラッキングID?グローバルサイトタグ(gtag)?

ブログ運営

グローバルサイトタグ(gtag)・トラッキングID・トラッキングコード
これらの違いがわからない/表示されている場所がわからない。

そんな方におすすめです。

スポンサーリンク

トラッキングコードは使わない

トラッキングコード=グローバルサイトタグ(gtag)。

トラッキングコードは、現行のGoogleアナリティクス4(GA4)以前のバージョンで使われていたもの。
ただし、現在はグローバルサイトタグ(gtag)に置き換わっている。
現行のGoogleアナリティクス4では、トラッキングコードの文言自体が表示されていないんだ。
だから、もしトラッキングコードの話が出てきたら、グローバルサイトタグの事を言っていると考えて大丈夫。

Googlアナリティクス4(GA4)は以前のものに比べるとより多くの情報を取得して解析することができる。
今後確実にGA4に置き換わるからまだ導入していない人は設置することをおすすめする。
また2つのバージョンのデータを統合することはできないが、同時計測はできるから今すぐ計測を開始する方が損しないんだ。

一応、以前のバージョンのGoogleアナリティクスのグローバルサイトタグ(gtag)などの記載場所を記事の最後に解説するのでそこまで読み進めてほしい。

トラッキングIDとは

Googleアナリティクス4(GA4)のJavascriptコード(グローバルサイトタグ)に埋め込まれているIDのこと。
Googleアナリティクス4(GA4)では測定IDと記載されている。
測定するブログごとに発行される。

自分でグローバルサイトタグを貼り付けるなら、既に埋め込まれているので気にする必要はない。
だけど、テーマやプラグインなどでトラッキングIDだけ入力する場合に使うことがある。

こちらも記事の最後に場所を説明する。

グローバルサイトタグとは

Googleアナリティクス計測のためにページへ設置するJavascriptコードのこと。
gtag.jsのこと。

以前のGoogleアナリティクスではトラッキングコードと言われてて混乱するかもしれないんだけど、今後はグローバルサイトタグに置き換わる。

従来のGoogleアナリティクスでの表示場所

Googleアナリティクスの管理画面へ行き、左下の管理ボタンを押してから、トラッキング情報→トラッキングコードと選択。
トラッキングIDとグローバルサイトタグ(=トラッキングコード)が表示される。

Googleアナリティクス4(GA4)での表示場所

Googleアナリティクスの管理画面へ行き、左下の管理ボタン→データストリームと押す。

次に表示されるストリームの中から見たいものを選択すると表示される。